Contents

CHUNCHEON NATIONAL MUSEUM

 資料室

Gangwon Province in the pleasant environment of good experience and to learn about the history and culture held a cultural space

Culture Heritage Administration of Korea

National Museum
of Korea

保存作業

保存作業

博物館開館当初から、真空含浸装置、恒温水槽、強制循環乾燥機、精密噴射加工機、燻蒸機等を備え、遺物の物理・化学的な保存処理だけでなく、害虫やカビ類等から発生する生物学的被害を防止する施設を完備しています。所蔵遺物を金属、木材、陶磁器、土器等の材質に応じて分類し、材質別特性に適した保存処理を行うだけでなく、江原道内の大学博物館、公・私立博物館と連携した支援プログラムも行っています。

保存処理とは?

文化財は物理的、化学的、生物学的、周囲の環境や人為的な様々な要因により材質が劣化したり破損したりするため、硬化処理による文化財の補強や修理、復元の過程を遺物保存処理と言い、これに科学的な研究結果を応用したものが保存科学である。保存科学とは「文化財の保存と復元のための科学」と言う事もでき、現代の発達した科学知識と技術を文化財に応用すると共に、古代の製造技術者及び製作技法、移動ルート等を究明し、考古学、美術史研究の分野にも寄与している。 また、光線、温度、湿度、空気の汚れ、害虫やカビ類等による今後の損傷要因から文化財を保護し、材質ごとに適した環境条件で文化財を保存管理する事で、先祖の貴重な文化遺産の原型を、これ以上損傷させる事なく後世に伝える事が保存科学の役割である。


퀵메뉴
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
観覧案内
施設案内
教育文化行事
top