Contents

CHUNCHEON NATIONAL MUSEUM

 展示

Gangwon Province in the pleasant environment of good experience and to learn about the history and culture held a cultural space

Culture Heritage Administration of Korea

National Museum
of Korea

屋外庭園

屋外展示場、玄妙**の庭園:洛山寺の石垣と調和した石の美学

襄陽にある洛山寺の石垣で囲まれた屋外展示場には、美しい微笑みの阿弥陀如来をはじめ江原の統一新羅と高麗時代の仏教文化財が展示されている。また、胎室や墓地の前に置かれた石物等の朝鮮王朝時代の儒教文化財も江原の人々の精神世界を物語っている。四季折々の景観と調和を成している石造文化財は、いつどこから見ても美しい限りである。

**玄妙とは、『三国史記』で伝えられる新羅時代の崔(チェ)致遠(チウォン)の言葉で、儒教・道教・仏教を含む韓半島固有の思想である風流を意味する。

  • 三層石塔
    Stone Lantern

    塔は、釈迦の真身舍利を祭るために作られはじめ、その後、仏像が作られるようになるまで重要な礼拝対象であった。韓半島には、木塔、伝塔、石塔、模伝石塔、聖堂塔、金銅塔などがある。石塔は、三国時代から朝鮮時代に至るまで基本的な様式を維持しながら造成された。この塔は、基檀部と相輪部が欠落しており、一階の屋身は別の石塔の一部であったと考えられる。側面には門扉と思われる長方形の額が作られている。

  • 光背と阿弥陀如来
    Stone Guardiane

    分かりやすく仏法を説明し、すべての人が悟りを得られるよう親指と人差し指で輪を作っている阿弥陀如来です。寿命を無限にし、その名を唱えた者すべてを極楽浄土へと導いてくれます。

記憶の庭園

朝鮮時代の墓には、亡子の身分に合わせていくつかの石物が並べられています。その意味もさまざまで、亡子の死後世界を守り、子孫繁栄を願うものもあります。死によって離れ離れになっても亡子と生きる者は墓で再会します。ここに展示されている朝鮮時代の墓の石物は、すでにその役目を全うしていますが、今もなお石のなかで亡子を記憶しながら私たちの傍に佇んでいます。

  • 長明燈
    Stone Lantern

    長明燈は、寺院や墓の前に立てられた火を灯すための石灯篭である。墓に長明燈を置くのは韓半島だけの独特な風習で、開城にある高麗時代末の恭愍王の墓・玄陵に最初に立てられ、その後、王陵には必ず立てられるようになった。朝鮮時代には、一品以上の宰相の墓でなければ立てられなかったため、死者の身分を象徴する表示物でもあった。長明燈は、当初の墓一帯を灯すという機能から次第に形式的な装飾物へと変わっていった。蓮華の台石の上部は、火を灯す火舎石である胴部と八角の屋蓋石で成り立っており、最上部には蓮華のつぼみ文様の宝珠が装飾されている。

  • 石人像
    Stone Lantern

    文人石と武人石がある。韓国では、中国の影響を受け、八世紀以降、王陵を守る守護神の象徴物として墓の前面の両側に一体ずつ立てられた。文人石は、道袍を身につけ頭には幞頭や金冠を被り、手には笏を持っており、武人石は鎧を着て刀を持っている。当初は王陵に立てられていたが、次第に官吏の墓にも文人石が建てられるようになった。

支石墓(コインドル)の道

博物館入口正門の案内所を過ぎ、展示館へと続く通路の左手にある庭園に、支石墓(コインドル)が展示されています。以前から置かれていた春川新梅里の支石墓1基のそばに2基の支石墓が加えられたことから、さまざまな支石墓を鑑賞していただけます。

  • 春川新梅里の支石墓(コインドル)
    Stone Lantern

    支石墓(コインドル)は青銅器時代を代表する墓様式で、済州島を含む韓国全域に分布している。支石墓の形は、四枚の平らな支石を地面に立てて四角に組み、その上に大きな蓋石を載せた北方式(卓子式)支石墓と、死者を埋葬するための石棺を地下につくり、その上に蓋石が載せられた南方式(基盤式)支石墓に区分される。 この支石墓は、江原道春川市の新梅二里にあった北方式支石墓である。1986年の翰林大学博物館による発掘調査後に放置されていたものが保存管理のために国立春川博物館に移され、現在は復元された支石墓が展示されている。

  • 春川碩士洞の支石墓(コインドル)
    Stone Lantern

    江原道春川市の碩士洞にある、春川漢方病院周辺の個人宅から発見され、その後、碩士洞の道路沿いの公園に移され、復元されたのが北方式支石墓である。道路沿いに置かれていたことから、文化財の盗難や破損のおそれがあったため、2009年12月、文化財の保存管理のため、国立春川博物館と春川市によってこの場所に移され、展示されることとなった。


퀵메뉴
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
観覧案内
施設案内
教育文化行事
top