Contents

CHUNCHEON NATIONAL MUSEUM

 展示

Gangwon Province in the pleasant environment of good experience and to learn about the history and culture held a cultural space

Culture Heritage Administration of Korea

National Museum
of Korea

江原の近世

朝鮮と大韓帝国:江原の山川に込められた文化

朝鮮時代の士人は、金剛山や関東八景など江原の美しい自然から性理学の理念を追求し人格の修養に努めた。彼らは、訪ね歩いた江原の所々を文学や芸術作品に残した。江原地域は王室とも縁が深く、王室の願いを祈るための寺院が建てられた。江原道という名称は、1395年(太祖4年)から使われるようになり、原州に置かれていた監営の観察使が道の行政を監督した。長く続く河川と高く険しい山々からなる嶺西と、東海岸に沿って続く嶺東では、それぞれの自然環境を基盤に特色ある文化が花開いた。特に嶺東は、海岸を防衛することで国を守る先兵としての役割も担った。朝鮮末期から大韓帝国期にかけての江原では、抗日義兵の蜂起が起こった。

展示室の位置を表示

  • 金剛山図の屏風
    Stone Lantern

    朝鮮時代の19世紀に描かれた金剛山の民画で、 金剛山の名所の数々をひと目で鑑賞できる。

  • 淸風府院君の喪輿 / 金聲九氏の寄贈 / 重要民俗文化財120号
    Stone Guardiane

    粛宗の外祖父 (母方の祖父) である金佑明 (1619年~ 1675年) の喪輿である。 精巧 な彫刻と彩色によって装飾されており、 王室の葬儀風習の品格を表している。

  • 王女福蘭の胎室 / 原州市台庄洞
    Stone Guardiane

    1486年(成宗17年)に生まれた王女・福蘭の胎 盤とへその緒が納められた胎室のまわりから発 掘された土器や陶磁器である。胎室は、石で作ら れた外箱の中の胎壺と胎誌石で構成されていた。

  • 端宗の御宝
    Stone Guardiane

    首陽大君に王位を奪われ、魯山君に降格。
    寧越 での死去から200年以上が過ぎた1698年(粛宗 28年)に再び王位を復権したことから作られた 御宝、つまり端宗の印章である。

  • すごろく / 原州監営跡
    Stone Guardiane

    朝鮮時代における江原道の首府であった原州監営 で発見された。両班階級が楽しんでいた遊びで、 サイコロを投げ駒を動かして競い合った。


퀵메뉴
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
観覧案内
施設案内
教育文化行事
top