Contents

CHUNCHEON NATIONAL MUSEUM

 展示

Gangwon Province in the pleasant environment of good experience and to learn about the history and culture held a cultural space

Culture Heritage Administration of Korea

National Museum
of Korea

江原の中世

高麗:歴史の中心に立った高麗時代の江原地域

後三国から高麗時代の江原地域は、辺境ではなく歴史を作る主役たちの活動舞台となった。首都の松岳(開京)と南漢江まで続いた中世の江原では、物流が円滑化され、原州にある法泉寺の智光国師をはじめ仏教界を導く王師や国師を絶えず排出した。また高麗時代の江原の貴族らが享受していた生活文化からは、彼らの洗練された美意識を垣間見ることができる。

展示室の位置を表示

  • 文殊菩薩 / 江陵市の寒松寺跡 / 国宝124号
    Chukjoodonghaebi

    寒松寺跡で発見された白い大理石製の文殊菩薩 である。江陵市の烏竹軒博物館にある菩薩像は、 この文殊菩薩とともに作られた普賢菩薩と考え られている。1912年に日本に持ち出された後、 日韓協定により1965年に返還された。

  • 観音菩薩 / 伝 金剛山 /宝物1872号
    Gangwon in Daedongyeojido, the Great Map

    金剛山で発見された菩薩像。全身にまとった華や かな装飾具や円盤型の大きな耳飾りなど、元の王 室で盛行したチベット仏教の影響を受けて作られた。

  • 鴟尾 / 原州市の法泉寺跡
    Portrait of Woomyeong Kim

    僧侶・海麟(984年~1070年)が王師や国師とし て活躍していた10~11世紀頃、法泉寺は栄華を極 めた。羽の先端が高く突き出ている鴟尾は、棟の 両端に装飾用の瓦が取り付けられていることか ら、当時の法泉寺の権威を表している。

  • 五百羅漢 / 寧越郡の蒼嶺寺跡
    Belt of Yook Kim

    法衣に袈裟を着けて座っている五百羅漢。頭部 まで袈裟をかぶって修行する姿など、さまざま な像がある。


퀵메뉴
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
観覧案内
施設案内
教育文化行事
top