Contents

CHUNCHEON NATIONAL MUSEUM

 展示

Gangwon Province in the pleasant environment of good experience and to learn about the history and culture held a cultural space

Culture Heritage Administration of Korea

National Museum
of Korea

江原の古代

江原の古代では、江原地域に進出した三国時代と新しい行政体制として整備された統一新羅時代の遺物をテーマごとに展示し、古代江原の歴史と文化が理解できるようまとめられています。

展示室の位置を表示

三国:江原地域に進出した三国

江原地域は三国(高句麗・百済・新羅)が領土拡大のためにどうしても通らなければならない要衝地であった。また漢江上流と東海岸は三国が領土を拡大するための交通路でもあった。このような交通路に沿って、高句麗と百済は嶺西地域に進出した。新羅は嶺東地域を占領後、嶺西地方へと進出した。

  • 青銅鐎斗 / 原州市法泉里古墳
    Bronze Cauldron

    百済時代の石室墓から発掘された儀礼用の器である。 百済が中国の東晋から輸入したもので、当時、 原州地域が百済の領域だったことが分かる。

  • 金銅冠 / 江陵市草堂洞古墳
    Jungdo Pottery

    新羅時代の石室墓から発掘された新羅様式の金 銅冠である。江原道の東部、特に江陵が新羅の 要地として管理されていたことが分かる。

  • 角杯 / 東海市九湖洞
    sheep-shaped jar of Chinese Celadon

    台脚に乗せられた角を象った飲用の器に、輪状 の装飾が施されている。儀礼用の器と考えら れ、主に新羅と伽耶地域で出土した。

統一新羅:新しい行政体制として整備された江原地域

三国統一(676年)を成し遂げた新羅は、行政体制に従って江原地域を溟州と朔州に分け、原州は行政の中心地である北原小京となった。溟州の由緒ある山々と朔州の発達した河川という自然条件のもとで建てられた仏教寺院は、統一新羅の文化を先導した。これを基盤に9世紀の江原地域では、禅宗という新しい仏教文化が襄陽の陳田寺で築かれ、今日の曹渓宗としてその法脈が引き継がれている。

  • 鐙 / 春川市槿花洞
    Horn-shaped Cup

    朔州(江原道の西部)行政の中心地であった春 川で発見された鐙である。乗に乗る際、足を踏 みかけるために使われたもので、前面は銀入絲 技法で華やかに装飾されている。

  • 廉巨和尚塔誌 / 伝 原州市の興法寺跡/宝物1871号
    Bit

    844年(文聖王6年)に入寂した廉巨和尚の塔誌 である。855年に作られた舎利塔に文聖王が発 願し、銘文が刻まれたものと考えられている。

  • 禅林院鐘
    Gilt-Bronze Crown

    銘文が刻まれた歴史的価値の高い、統一新羅時 代の鐘である。1948年、襄陽郡の禅林院跡で発 見され、月精寺で保管されていたが朝鮮戦争に より破損した。


퀵메뉴
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
観覧案内
施設案内
教育文化行事
top