Contents

CHUNCHEON NATIONAL MUSEUM

 展示

Gangwon Province in the pleasant environment of good experience and to learn about the history and culture held a cultural space

Culture Heritage Administration of Korea

National Museum
of Korea

江原の先史

江原道の遺跡地から出土した旧石器時代から鉄器時代までのさまざまな文化財を、時代の流れや特色に沿って理解できるよう展示されています。

展示室の位置を表示

旧石器時代:江原地域の最初の人類

人類が江原地域に定着し始めたのは、およそ10万年前のことである。彼らは打製石器を作り、狩りと採集で生計を立てていた。4万年前に現れた現生人類は、石刃技術のような発達した石器づくりの技術を持っており、白頭山から黒曜石を採取するなど周辺地域と活発な交流を行っていた。

  • 石刃核と石刃 / 麟蹄郡富坪里
    Workplace for Stone Tool Production

    約四万年前、ホモ・サピエンスが発明した革新的な石器製作技術。大量生産や標準化などが行われ、後期旧石器時代の技術発展を示している。

  • 握斧 / 春川市葛屯
    Obsidian Stone Tools

    ホモ・エレクトスによって作られた道具で、 実用性と芸術性を兼ね備えている。およそ10 万年前に江原地域に定着した旧石器人の道具。

新石器時代:温暖化による暮らしの変化

気温の上昇により江原地域で暮らす新石器人の生活には変化が現れた。彼らは農作を始め、川や海で釣りをし、弓矢を作って狩りを行った。また、底が平らな土器を作って調理し、糸で衣服を作ってさまざまな装飾具を身につけた。死者のための葬儀も行った。

  • 押型文土器 / 江陵市地境里
    Pottery with Raised Design

    口縁部が内側に丸く曲がった平底形の土器に網 目の模様が数多く描かれている。小さな道具を 押しつけながら一つ一つの点を施文し、丁寧に 模様が作られた。

  • 玉の耳飾り / 高城郡文巖里
    Comb-patterned Pottery

    中国から伝来した新石器時代初期の耳飾り。 耳たぶに穴を開けて装着した。

青銅器時代:社会組織のはじまり

青銅器時代は、金属の使用とともに本格的な農業がはじまり、社会組織が作られた。彼らは飾りの少ない実用的な土器を作り、状況に応じて道具を細分化して使用した。この時期の江原地域には、四角形住居地として代表される泉田里(チョンジョルリ)型住居が現れ、韓半島全域で発見された支石墓(コインドル)も作られた。

  • 韓国式銅剣 / 襄陽郡釘岩里
    Mirrors with Slim-linear Pattern and Bronze Daggers

    青銅器時代後期に縞模様の鏡とともに韓半島で 主に発見された。実用性より権威の象徴として 用いられていた。

  • 鏃と矢柄 / 旌善郡アウラジ
    Pottery with Raised Design

    青銅器時代の住居跡から束ねられた状態で発見 された。柳の枝で作られた矢柄に鏃が取り 付けられた状態で発見されたため、その連結方 法が分かる。

鉄器時代:濊族と中島(チュンド)文化

紀元前3世紀頃の江原地域は、独特な形をした住居を持つ人々の主な活動地域であった。彼らは入り口が備え付けられた呂字型や凸字型の家を作り、内部には炊事場と暖房施設を作った。また、固くて丈夫な無文土器(中島式土器)を使い、鉄でさまざまな道具や武器をつくった。

  • 三枝槍 / 東海市松亭洞
    Trident

    魚や貝などを取るために使われた漁具で、鉄器 時代の住居跡から発見された。三つ又になった 槍先には、食いついた魚が外れないよう返しが 付けられている。

  • 漢式土器 / 江陵市安仁里
    Han-style Pottery

    中国・楽浪の影響を受けた土器で、鉄器時代の 住居跡から発見された。


퀵메뉴
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
  • 관람안내 관련아이콘
観覧案内
施設案内
教育文化行事
top